FC2ブログ

始発駅

「イチコの選択」では大変お世話になりました。無事連載を終えた今、このブログで何ができるのかを考えています。のんびりお付き合い頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

記憶の引き出し(2)

 別れたことにしておいてくれ、という宮下のことばはイチコに少なからぬ衝撃を与えた。そのことばを告げられた時、イチコはほんとうはあと少し宮下の説明が欲しいところだった。
 それをイチコが求めずに済ませたのは、黙ってやり過ごすことを長年の習性にして来たからであろう。すぐにことばが出なかった。
 やはり女ができたのか、とイチコは思った。
 別れたといえば新しい女という連想をするのは誰しも同じだが、イチコの場合、必然的に行き着くものだった。
 事件前、珍しく昼間家に立ち寄った宮下が、ドレッサーの前で髪を整えながら、
 「俺、結婚しようか。俺もてるんやで。おまえ、荷物がもてるくらいに思っとったらあかんで」
 そう言ったことがあった。
 イチコは相手にしない。また遊んでいるのか、と思って聞いていた。いい気になっていたら、どん底に落ちるぞ、とも思った。イチコには宮下のことばが、いつものホラにしか聞こえなかったのである。
 このときの「また」とは、イチコに大損害をもたらしたのちも、時々家に立ち寄っていた不二子さんから聞いたことばが素因になっている。
 「あんた、宮ちゃん、今ひとりでしょ。あんたにばれたらいけないからって、前はどこか別のところに家を借りてたけど」 
 不二子さんが漏らしたことばである。このことばが耳に残っていたため、また遊んでいるのか、と事件前イチコは思ったのだが、こんどばかりは、宮下のホラとは言い切れないかもしれない、とイチコは思い直したのである。
 イチコと別れたということになれば、宮下が保釈されて出てくるときの身元引受けは誰がするのか、という問題があった。やくざの宮下を起訴前に保釈するとなれば、身元引受人を要求されることはほぼ間違いないと思われる。
 身元引受人は必ずしも身内でなければならないという事ではないのだろうが、前回の時は、ヨメでなければ保釈の許可はしない、という検察側のことばをイチコは弁護士から伝えられている。身元引受けの承諾書にイチコの判がなければ宮下の保釈はなかったということになる。
 
 今回は何日間拘留されるのか分からないが、宮下は必ず保釈で出て来る、とイチコは思っている。「別れた」ということになれば、今回はイチコでなくても宮下には他に身元引受人の用意があるということになる。身元引受人などよほどの関係でないと引き受けてくれはしない。イチコの「やはり」という思いには、そういう意味合いがあった。
 また、起訴されて有罪になっても執行猶予をもらって来るはずだ、ともイチコは思っている。
 ほとんど家に帰ることがなくなり、実質的には別居の形になり始めた頃、
 「俺はもう懲役に行くことはない」
 と言った宮下は、その意地を掛けて自分の吐いたことばを守るはずである。イチコは宮下のそういうところを見るのが好きだった。金は掛かるが、宮下がシャバに居てくれる方がいいに決まっていた。

 身元引受人の問題は無視できないものがあった。宮下に対してずっと抱いていた、子供でも平気で捨てるのだという猜疑心も消えたわけではなかった。
 それでもイチコは宮下が一種の病気である女遊びをしているとしか思えなかった。
 「もう子供はいらん。二人おったら十分や。これ以上作ったらあとがしんどいわ」
 宮下のそのことばに従ってイチコは過去に二人堕胎している。このことばをくれた男が、何かあったら子供でも裏切るとは思いたくなかったのである。
 イチコが知る限り、宮下は一度吐いた唾を呑むような男ではなかった。何が起きてもこれだけは変わらないと信じていたいイチコは、女遊びをするだけの宮下なら黙認してもいいと思った。
 

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
神瀬一晃さまへ

 これはたぶん大人の話になるのかな?
 男が浮気をするのを前提にしている女性はいるでしょうね。そうなると、そういう亭主をうまく手のひらで転がすすべも必要になりますが。あまり妙なことを吹き込まない方がいいですね。
 いろんな経験はこれからです。ババアになると、もういけませんが(笑)

紗羅の木 | URL | 2007年08月15日(Wed)23:31 [EDIT]

 女遊びを許す嫁……ていうのも、中にはいるんですね。
 逆にイチコはそういったところはもう、諦めているのか。馬の耳に念仏みたいな。
 さーて、そろそろ警察の方がお見えになるのか……。

神瀬一晃 | URL | 2007年08月15日(Wed)15:53 [EDIT]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2007年07月17日(Tue)09:14 [EDIT]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。