始発駅

「イチコの選択」では大変お世話になりました。無事連載を終えた今、このブログで何ができるのかを考えています。のんびりお付き合い頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

記憶の引き出し(9)

 平成十年某月。
 不二子さんが入社した生保会社は偶然にもイチコが何件か保険契約をしている会社だった。本命の大型死亡保険金の付された契約もここで契約している。そこに入社したことを伝えに来た彼女は、イチコから簡単なアンケートの類を取った。
 こういうアンケートにはさりげなく客の生年月日を記入する欄が設けられている。すでに保険は足りていると思っていたイチコは不二子さんの要望どおり生年月日を答えたが、保険は当分要らないことを伝えた。息子の保険も同様だったが、占いがついて来るからと彼女は言う。占いに興味のないイチコにはどうでもよい話だったが、アンケートにだけは答えた。
この日の彼女の用件は、これだけではなかった。他にもう一つあった。

 イチコが帰る素振りを見せた不二子さんを廊下に送って出た時だった。洗濯機の横で立ち止まった不二子さんは、
 「あんた、それから」
 と振り向きざま、
 「キャバクラのマスターのこと知ってる? 自殺したんだけど」
 イチコはまたぎょっとなった。
 「知らない」
 知らないどころか、何のことを言っているのかもイチコには分からなかった。ここ何年も繁華街には行っていないのである。
 「あんた、気をつけた方がいいわよ。宮ちゃんの名前が挙がってるわよ」
 自殺したというマスターは、また聞き捨てならないことに、シャブ中だったという。拳銃自殺だったらしい。
 「わたし、亡くなったマスターの彼女をよく知ってるのよ。その子から聞いたんだけど」
 そう前置きされた不二子さんの話の概要は、きな臭いものだった。
 事件の前日、マスターと逢った彼女は、明日は手料理を持ってくるからと約束して別れたという。それなのに、死んだりするわけがない、とその彼女は言ったらしい。それだけのことで宮下の名前が出るのは不条理だが、
 「宮さんの取立てがきつくってなあ」
 マスターは普段からそのようにこぼしていたという。
 「それに、拳銃なんかどこから手に入れたのかしら。ママ、もしかして宮下さんが・・・」
 その彼女が宮下をあやしんでいるということだった。
 警察が動いているというわけではないようである。
 聞いているイチコは何食わぬ顔を装ったが、頭の中はフル回転の状態だった。シャブ、拳銃、取立て、この三つの単語が、宮下とうまくかみ合わなかった。
 「シャプ」という単語が、事件をよけいきな臭いものにしていた。
 宮下が所属している組織はシャブなどを扱った場合、バレれば破門のはずだった。イチコは、以前宮下からそう聞かされた記憶がある。
 しかし、現実は扱っている者が結構いることも事実らしい。シノギが厳しくなって来ると、手っ取り早いのであろう。

 不二子さんは、亡くなったマスターの彼女だけでなく、彼の義父もよく知っているのだと言った。マスターは婿養子だったことになるが、その義父という人物は、板金屋の社長であり、不二子さんの店では古くからの常連客であったらしい。
 
 


クリック  ご訪問感謝します
 ↓
FC2 Blog Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
神瀬一晃さまへ

 回収には今やっと掛かっているところです。
 伏線はそう多くないつもりですが。裏は汚いですから、汚いのが三人ほど集まるともうムチャクチャです。まるでライアゲームみたいですよ。だからご心配して頂いているとおりムチャクチャになるかも(笑)
 
 

紗羅の木 | URL | 2007年08月28日(Tue)23:06 [EDIT]

 神瀬君でいいです、はい。
 私はまだ人生経験も浅く、その辺のガキんちょと同じなんで。

 で、作品の感想。
 単純に考えると、何者かが警察に裏からある程度手を回して、ちょっとした情報操作を行った……という、私の明後日方向の推理。(推理系、大の苦手)
 そして、今日まで最初からずっと読ませて頂いて来たわけですが……。
 その伏線の量が半端なく多いですね。全部回収できそうですか?(笑)
 伏線を引っ張りすぎて、忘れている部分もあるかもですが、回収は適度にタイミング良くやることで、物語を効果的に動かせますが……。
 まあ、実体験が元なので、その辺りは難しいでしょうが。
 今日はいちファンからの、ちょっとした不安(?)を告発w
 これからも読みますよ~w

神瀬一晃 | URL | 2007年08月28日(Tue)18:34 [EDIT]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。