始発駅

「イチコの選択」では大変お世話になりました。無事連載を終えた今、このブログで何ができるのかを考えています。のんびりお付き合い頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

試練(2)

 実家の母屋の屋根は数箇所だが、瓦の吹き替えがなされていた。以前から雨漏りがしていた箇所である。南から西にぐるりと回っている縁側にはアルミサッシのガラス戸がはめられ、その部分だけが周囲の傷んだ焼板とは対照的な色彩を放っていた。古びた旧家には不釣合いな様である。すでに工事は完了している様子だった。
 そのサッシの外側から中を覗いて見たイチコは、とたんに不愉快になった。
 サッシは縁側に引く雨戸とその戸袋を外してレールを取り付けただけのものだった。縁側は幅広の桜木なのだが、すでに隙間が激しく、風の強い日など縁の下から吹き上げられる細かい砂やらごみが舞い込むのだ。冬ならば寒くてかなわない。いくらサッシを取り付けてみても、この桜木を張り替えなければ何の意味もないのである。
 「なんでこれをしてもらわないの?」
 イチコの口調は尖ってくる。なぜこんな仕事なのか、と言いたかったのである。
 「いや、こいつは惜しいって、あれが言うもんだから」
 「あれ」とはやけに業者と親しくなったものである。ふざけてるな、とイチコは心の中で毒づく。業者のことも気に入らなかった。
 たしかにその業者が言うとおり、桜木は手に入りにくいものではある。磨けばすばらしくいい艶が出る。イチコの亡き母はよくこの縁側の拭き掃除をしていたものである。
 母の生前、家のことなど振り向きもしなかったことに対する後悔が父親にはあったのかもしれない。いまさら遅いのに、とイチコは思った。
 イチコの母親はこの屋敷が建てられた頃のままの環境で生活を営んだのである。家の中をきれいに整えると、また父親が遊ぶと思ったのであろう。喧嘩にでもなれば斧で家具を打ち付けるような男だったのだから、なおさら用心したのかもしれない。
 母親には台所が一番つらかったはずである。冬場は足元が三和土(たたき)のため特に冷えるのだ。その台所だけは改装どころか、年代を超えてますますひなびているのだから、イチコは情けなかった。
 ここまでしたら金がなくなった、とイチコの父親は言った。台所までできなかったということであろう。父親がした修理は、全体からいうとわずかでしかなかった。これでは新しい時代はやって来ない、とイチコはひそかにほぞを噛んだ。
 家の様子を一通り見て回ったイチコは、
 「言ってただけしか入ってないよ」
 三万を入れた封筒を父親に渡した。何も聞いてみる気は起こらなかった。
 「すまんな、あれがなかったら行けとるのに」
 父親はそう言って受け取った。
 あれが何の事なのかもイチコは聞かなかった。
 工事費用は完済しているのだから、何か別のものなのだ。ずっとツキのないイチコはイヤな予感しか働かなかった。

 父親の無心の電話はこの日だけでは終らなかった。イチコの予感が当たってしまったのである。金額こそ低かったが師走に入るまでにイチコは三回は持って行ったはずである。
 師走に入ってしばらく経った頃、イチコはもうひとつ不運を拾う。父親が大きい病院で検査入院をすることになったのである。
  


クリック  ご訪問感謝します
 ↓
FC2 Blog Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
神瀬一晃さまへ

 恐いオヤジでしたね。おかげで大きな傷として残ってます(笑)
 いやいや、だらだらしているので先は長いですよ。この部分を書かないとラストが締まらないかな、ということで取り入れてみました。お金を追いかけるという軸をできるだけ外さないようにしようと思ったらこんなことになりました(笑)
 神瀬くん、強情ですねえ、びっくりです。何か、一本取られた感じです(笑)
 無理をしないように、そして何を犠牲にしても踏ん張ってほしいところです。陰ながら応援しています。
 
 
 

紗羅の木 | URL | 2007年09月16日(Sun)17:40 [EDIT]

 段々佳境に入ってきましたね。
 というか、斧を持ち出す父親……怖い。
 父親の言うアレとは、もしやイチコが前に借りていって、アレでしょうか? その辺りも後々明かされるのでしょうから……推測をしつつ。
 もう、既に地の文99%会話文1%くらいの割合ですねww

 と、そうそう。
 私は注意されても、沙羅さんのブログに来ますよ(笑)
 J検も終わり、後大きなものとしては、基本情報だけですので。
 コソコソと覗きに来ますw
 ではw

神瀬一晃 | URL | 2007年09月16日(Sun)13:20 [EDIT]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。