始発駅

「イチコの選択」では大変お世話になりました。無事連載を終えた今、このブログで何ができるのかを考えています。のんびりお付き合い頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

試練(23)

 平成十六年。
 新年を迎えて息子達の冬休みも開けた頃、イチコはケアマネージャーから父親の様子がおかしいという緊急の連絡を受けた。腰から太腿にかけてひどい腫れがあり動ける状態ではないという。本人いわく、用足しに行って転んだのだが、這ってベッドまでは戻ったということだった。
 あれほどイチコが気を使ったポータブルトイレだったが、父親は使おうとせず、用足しは外でしていたのである。
 「救急車を呼ぼうと思うのですが、娘に聞いてくれと言うものですから」
 ケアマネージャーが言った。
 あのばか、とイチコは思った。救急車を使えば金がいるって誰か言うとった、と父親が過去に言ったことがあるのを思い出したのである。民間ならともかく、そんなことなどあるわけがなかった。
 「呼んでください、救急車を」
 イチコは即答した。
 搬送先はとりあえず、係りつけの病院だった。透析患者は怪我をしたからといってどこにでも搬送できないのである。透析の設備だけでなく透析の際に使用する薬品も同じものをそろえている病院でなければならない。
 必ず連絡を入れますと言うケアマネージャーに、イチコは全てを託した。車に飛び乗る前に、自宅で連絡を待つことにしたのである。待つこと三十分ほどで、連絡は来た。電話は担当医からだった。
 うちの病院では手に負えないと言う。
 「大腿骨の骨折です。完全に折れてますから、そちらの大きい病院で手術しないと治せません」
 待っている間に検査をしていたようである。幸いにも担当医が紹介状を書きますと言った先方の病院は、イチコの自宅からなら自転車で行く方が便利なくらい近かった。
 「ここならわたしの後輩もおります。同じ条件で透析できますので。どうします? こちらに来られていっしょに搬送先まで救急車に乗って行きますか?」
 「本人はどんな様子です?」
 「大丈夫です、落ち着いておられる」
 担当医のことばを聞いたイチコは、こちらで待っていることを伝えた。その方が効率よく搬送できるというものだった。
 救急車の到着時間を見計らって家を出たつもりのイチコだったが、病院の前で佇んでいる時間はこれまでになく長いものに感じられた。
 田舎の病院から搬送されて来た父親は、担当医の言うとおり落ち着いていた。救急車に駆け寄ってその状態を確認したイチコは、
 「紹介状」
 父親の顔の前に手を出した。これがないとちゃんと診てもらえない気がした。
 「お、これか」
 父親は体の脇からそれを差し出す。
 「何してたの?」
 イチコが声をかけると、
 「転んだのよ、足が滑った」
 父親は明るく笑ってみせた。

 
 
FC2 Blog Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ
 
 
 
 
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
MADSPECILさまへ

 エイちゃん最高! です(笑)
 新しいCDを追いかけることはしなくなりましたね。でもギャオでライブをやってたりすると、やっぱり釘付けになります(笑) カッコイイですわ、やっぱり。男やってますって感じです。
 ハゲてますか? それって額のことですよね? ハゲててもいいです。シビレます(笑)

紗羅の木 | URL | 2007年08月17日(Fri)19:23 [EDIT]

こんちは。何時もありがとうございます。俺の親父は最近ボケとるらしいんですが、その親父を捨てて、フィリピン女は国へ帰ろうとしてるらしく、困っています。でも俺、帰りたくとも帰れない理由がありまして・・・。 矢沢はもう聞いていないんですか? はげてからのエイちゃんも良いですよ。バラードも良いし、ロックしています相変わらず。でも俺も最近ライブには行ってなく、エイちゃんの誕生日にいったアニバーサリーが最後です。エイちゃん最高!ランナウェイ南に向かえば今。。。

madspecial | URL | 2007年08月17日(Fri)15:30 [EDIT]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。